現在のビル物件の耐震基準はどうなっているか

Pocket

世界でも有数の地震大国日本。
その為地震に対する備えは建物にも及び、ビルを建てる際には耐震基準を満たしていなければいけません。

現在のビル物件の耐震基準はどうなっているのでしょうか。
関東大震災以降何度となく改正されてきた耐震設計の基準ですが、1981年に大幅な見直しがされ現在ビルを建てる場合は、いわゆる新耐震基準と呼ばれるものを満たしていなければいけません。
新耐震基準は「人の命を守る」という事が基本的な考え方としてあり、震度6度程度の大地震が起きても倒壊・崩壊する事無く死者を出さない事が目標とされています。

時々ニュースで海外の大地震の映像などが流れますが、大きな建物が崩壊していく様を見るのはやはり恐いものです。
阪神淡路大震災の際の鉄筋コンクリート造りの建物の被害状況を調べてみると、新耐震基準を基準に建てられた建物は、それ以前の耐震基準によって建築された建物よりも被害状況が明らかに違っていたそうです。

This entry was posted in 貸事務所を新宿周辺で探すポイント. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります